architectural recordings

高知の先端音楽の集い。 音楽、そして音楽から派生する様々なものを 生み出し提示していきます。 「プログレッシヴ・ミュージック・スタイル」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

振り返るか


2011年が終わります。
震災以降芸術のあり方が変化しています。
苦しんでいる人々をシアワセな気持ちにしてあげれるか
できる人が残って
できない人はもういらなくなりそうです。

まあそれだけが芸術ではないですが
そういった方向に向かっているのは確かで。
メジャーな人達は試されてて大変そうです。

先日
ジム・オルークが高知に来ました。
勿論行くでしょう?言われましたが
こんな時代に意味を成さないだろうと。
今の僕には何も訴えてくるものがないように思え勿論行きませんでした。

身近な人がDJをするイベントには時間をつくり行きます。

うまくいえませんが

それでもみんな創作していくでしょう。
僕もそれでも創作できるからします。



よいお年を



-overmars-






スポンサーサイト

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

dialy | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。