architectural recordings

高知の先端音楽の集い。 音楽、そして音楽から派生する様々なものを 生み出し提示していきます。 「プログレッシヴ・ミュージック・スタイル」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

なんででしょう


高知の演劇祭で音

高知の映画祭で音

5月30日と7月11日

まだまだ先のようなもうすぐのよな


どちらの準備も牛歩のごとく歩んでいます

音を表現するために勿論練習はします

でも

毎日を頑張って疲れ果てて寝る あぁ音楽できなかったー  というのも大事であります。

そうすると当日バクハツできる気がします。


太陽の塔って凄くない?

僕は大阪生活の頃見に行って圧倒されました。

というか、実は何にも感じなかった

圧倒されたのは大阪を離れてから思い出して


草間なんとかサンの個展を見に行ったときもそんな感じで。

見た後10年以上経った最近までギャラリーの椅子に本人が座っていた・・・と思っていた。

いやいや 居なかったのだ

錯覚だった


まとまりませんが


音楽をそんなように表現したい

悲しみを飲み込んでバクハツ

決してぶつけるのではない

昇華させたいねー

現在の精一杯で



スポンサーサイト
dialy | コメント:0 | トラックバック:0 |

順序


アナザーフロイドどうもありがとうございました。

やっとリピーターさん
少しの可笑しさもあり(そんなん言われんね)
時間があればまたどうぞ。

毎回の紹介アーティストはどれも思い入れがあり
今回のニール・ヤングに至っては
20代、音楽で行き詰った時期に扉を開いてくれた人。
その時を思い出し、変にさみしーくなってしまった。
「さみしーですねー」
曲が終わるとそんなコメントしか言えない・・・あぁダメだー(苦笑)


さて次はJIKOに任せる

そして5月30日のライブイベンツに


何にも思い浮かばずさてどうしたものか
僕の想像、創造力は止まったのか
そんな不安
いつか井戸が涸れるのではないか

いやいやお休みしてただけ

一生懸命
一所懸命

嫌いだったのに

やっていると何かが芽を出すのに気がつく

何だよひと月も前に出てきやがった

充分花が咲くぜー



dialy | コメント:0 | トラックバック:0 |

Another Floyd -音楽で話そう- vol.23


Another Floyd

現代レコードコンサート

第23回

「ニール・ヤング After The Gold Rush」




4月21日(月)

場所 音楽茶房リベルテ

時間 18時から約2時間

600円(飲み物代込み)


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


春の夕止む時間に

のんびりと音楽に耳を傾けませんか

今回はニール・ヤングの1970年作品です。

vol.23




テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

event info | コメント:2 | トラックバック:0 |

ウタウことは


感情の高鳴りはまだまだ出番ではない。
深く静かな場所にあることが確認できる。
仕事と音楽が見事に合わさった今、毎日がたまらなくて歌いたくなる。

歌うことはギターとは違う表現だ。
まあそういうのって未熟、まだ歌うように弾けていない証明。
え・・そうなのか??
よく分からないし、はっきりと断定はしない方がいいでしょう。

でもいつか、晩年
僕は楽器を必要とせずウタウ気がする。
今もうその兆し。

なので機材がどうとかに興味がなくなってしまった。
人間が声を出しそれを聴くのは人間の耳である。


じゃあもうやればーってそれはねえ

まだ人生終わるのいややし(笑)


順番順番


もっと知りたい何もかも

全部は無理でも知りたいんじゃ




dialy | コメント:0 | トラックバック:0 |

THE ANSWER


新曲の歌詞が完成。

後は録音するのみ。


歌のある曲は心が揺れた結果である。

しかし、曲に乗せる為にパズルのように壊し組み合わせるという

誠実とは反対のなんとも言えない作業になってしまう。


メッセージとして乗せるには棒読みになってしまうので避けたいところ。



何をいわんや




偉大なる作曲家には遠く及ばないとしても

それを知りつつやって行く。

知らぬ存ぜぬではいけない


そんなハナシを週末の「風街」で語る

大人気アンビエントバンドの男は

僕がいてくれてよかったなどと酔ってのたまう。


それが苦行の入り口よ(笑)



でもまあ

正直嬉しいっすけど・・・




クラシックな友人に

僕の曲には対位法が使われている と言われたことがあった。

知らん!


なのでちょとお勉強中

聴いていてもよく分からんぞBACH


今度リベルテのママに聞いてみよう

でもあの人は知らんやろうなー

知らずにかといって勉強もせずに普通に長年聴いているから




ほんもんはそんなもんだな



かなわんな






dialy | コメント:0 | トラックバック:0 |

もらうことはない


ギターオーマイギター

時間を8等分、16等分、32等分
たまに12等分

時間が有り余っていることに気がつく
一秒の間に8つ
ああなんて有意義

しばらく経つと変な感じに陥ってくる
自然に指が動き音を奏でる
指が先ではない、脳が先だ
指は、脳の指令に付いて行っているに過ぎない

スケールがどうとかは今は無視
ただただ、脳と指のシールドを綺麗につなげるのみ。


可能性は誰にもある

その答えはそう   甘い




dialy | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。