architectural recordings

高知の先端音楽の集い。 音楽、そして音楽から派生する様々なものを 生み出し提示していきます。 「プログレッシヴ・ミュージック・スタイル」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Another Floyd-音楽で話そう-vol.33-


Another Floyd

現代レコードコンサート

第33回

「ローラーとバイオリン(タルコフスキー)」


4月27日(月)

場所 音楽茶房リベルテ

時間 18時から約2時間

600円(飲み物代込み)

*******************************

32回の告知を忘れていました (汗)




追記

昨日スタジオに
ドラムを小学校のときに叩いたという人(美人)と入りました。

確かにリズムのキープなんてできていないし
基本的なことしかできない、いやできていない(笑)
それでも迫力が気分をよくしてくれ満足な1時間

JIKOは
「どれくらい音を許せる幅、深さがあるんだ?」と僕に呆れながら言う。
僕は音だけは自由であるべきだと思う。
それでご飯を食べている人たちは評価が高くても不自由に見えます。

行き抜けるとまた自由を手にする気がします。


それだけですー

スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

event info | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ライブをします。 | HOME | 2つのイベント>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。