architectural recordings

高知の先端音楽の集い。 音楽、そして音楽から派生する様々なものを 生み出し提示していきます。 「プログレッシヴ・ミュージック・スタイル」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

練習にて

100-5の練習
ハンドレッド・マイナス・ファイブと呼びます。

思ってたことができていなくて
終いには別々でやろうと言う始末。。。

自分が悪いのか
でもゆるいところでやるのなら
お金というリスクなんか背負うことない
最終的に満足できるトキなんてそうそうないからこそ
始めるまではやりたいようにやりたいと思う。

どうなんでしょう?分からない

分かっちゃいるけどどうしよう

でもまあ
自分がやりたいことをやりたいときにやる
それが1番僕には合っている。
いつも酷いことを言ったかもと後悔するけれど
思ったのだから仕方がない。

好きの意味合いが違う。
例えば山へ登るのが好きな人とか
常に死と隣り合わせな危険が伴っている。
そんな状況に
音楽とか

持っていけないものか。

-overmars-

スポンサーサイト

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

dialy | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<EVENT | HOME | 100-5>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。