architectural recordings

高知の先端音楽の集い。 音楽、そして音楽から派生する様々なものを 生み出し提示していきます。 「プログレッシヴ・ミュージック・スタイル」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

100-5 LIVE ALIVE

はい
100-5のライブの感想です。

極力インプロ部分を少なくして
自分の中だけで構築して望みました。

そうはとられなかったようです
それは
とられないように仕向けていったからでした。

リズムなし
それは自分時間に持ち込みたいからで
ためたり走ったり感情のまま
いろいろ思いを馳せながら演奏。
そうできたのは
隣でかなり集中して演奏してくれたミスターのお陰です。

普通は一定の状態を保つ方が軸なのに
今回、ふらふら自由な方を中心にもっていくことができました。
大黒柱が飛んでしまったという
奇妙な感覚が僕にはあった。
聴いている方はどうだったでしょうか・・・。

難しいことは言えませんが(説明できたら演奏はしない)
これは音楽の方法論ではなくて・・・なんだろう??
んー
わかりません(笑)

ただ言える事は
僕の「気持ちよさ」という方向があって
これからもそこを目指して演奏するということ。
何も気にならなくなってこれから始まります。

ちなみに下は歌詞です。
録音を忘れたので
またいつか演奏しようと考えています。


-overmars-


love goes
スポンサーサイト

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

dialy | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<終わっていく | HOME | CLUB JIKO終えて>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。