architectural recordings

高知の先端音楽の集い。 音楽、そして音楽から派生する様々なものを 生み出し提示していきます。 「プログレッシヴ・ミュージック・スタイル」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

クラブジュニアを終えて

来て下さったみなさん
暑い中どうもありがとうございました!

いつもながら動員は・・・
でも楽しいイベントだったと思います。

何をやったのか?というと
Jamiroquai Night
何ヶ月か前ジュニア君にやってみないか?と問うと大笑い。
電話でかなり盛り上がって実現しました。
やはり音がいい。
歌のない部分の方が気持ちがいいということは想像していたので
その通りだったので満足しました。
ひとつだけ気に入らないのは
少し前に某カップ麺のCMにでていたこと
だからか~なんてそうじゃなく偶然、ここに書いておきます。

BASSOのライブも味があり(Brian Eno -By This River-)
所々気になる箇所はあったけれど
そういうことよりも
もっと大事なことがあると僕達は言いたかった。
ベートーベンピアニストさんには
いつも来ていただき、感想を言ってもらえる
もっと大事なことを知っている人です、ありがとう!

ジュニア君から次の日メール
彼が喜んでやってくれたのが何よりで
ここに書いておきます。

やり手が楽しんで
ブームじゃなくてカッコいいと
思うことを続けることが
文化とかファッションになるんやろうね


熱い人です
お疲れ様でした、ありがとう

-architecturai recordings-


スポンサーサイト

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

dialy | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<9月9日 | HOME | EVENT 「CLUB JUNIOR」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。