architectural recordings

高知の先端音楽の集い。 音楽、そして音楽から派生する様々なものを 生み出し提示していきます。 「プログレッシヴ・ミュージック・スタイル」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

シューゲイザーたちへ

CLUB JIKO
Shoegaze Night
終了しました。
いつもながらみなさんどうもありがとうございました。

平日のまんなかで
けっこうな盛り上がり それが満足。

懐かしいとか新しいとかあんまり考えない
だって
今のバンド「The Red Pony」が出演してくれたから。
91年の衝撃はこれからも感じることはない
歳をとったからではなくそんな時代だからだ。

気がついたのは解釈の違い。
同じ時代に生きていても違う
その後すぐマッドチェスターが始まったし。
思いきり衝撃を受けたのは誰か
それはギターを弾いていた僕とかレッポニシンヤ君とか。
僕の後続いた彼との時間は最高でした。

そして
ニューゲイザーとは?
グランジを通った後だからか前時代とはかけ離れた代物。
やはりノイズはノイズであって
哲学のようなものはないと感じました、まあ今はそんな時代。

これしかなかった・・・これに勝るものはない!


僕の当日リストです。
***************
Here And Now
Ride
Drive Blind
Ride
Taste
Ride
What You Want
My Bloody Valentine
What The Sun Hits
Slowdive
Frost
Chapterhouse
Feel Flows Free
Guitar
Strange Lights
Deerhunter
************************

そして

Ustreamへ記録


以上です。
あと、刺激をありがとうレッポニ

-overmars-

スポンサーサイト

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

dialy | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<次に向けて | HOME | Ustream>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。