architectural recordings

高知の先端音楽の集い。 音楽、そして音楽から派生する様々なものを 生み出し提示していきます。 「プログレッシヴ・ミュージック・スタイル」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

できる


被災された方々にお悔やみを申し上げます。
いつの日か笑顔でいられるように祈っています。

音楽というものを考え直さないといけないかもしれません。
いや
生き方までも。

見えないところ
見えるところ

テレビはもう箱でしかない。
横一線での競争が見て取れてみっともない。
その点ラジオはそれぞれ独自の方向性で伝えてくれている。
そしてラジオのいいところは
聴いていて
被災地の人も聴いているから
繋がっている気になる、いや、繋がっている。

遠くにいる僕達は
親しい人と会い
いろんな話をする
何をしたらいいのか
くだらない話もするだろう
それが今しないといけないこと。
猫が車に飛び出してくるような行動はとらない。
走り出したいのをぐっと堪えるのが必要です。

僕は仕事では職人であるけれど
ここでは音楽家気取りである。
月末にはイベントをします。
音楽家は音で表現するのみ。


予定ではなかったけれどギターを弾こうと思います。



-overmars-

スポンサーサイト

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

dialy | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ドイツナイト | HOME | カッコウが鳴く>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。