architectural recordings

高知の先端音楽の集い。 音楽、そして音楽から派生する様々なものを 生み出し提示していきます。 「プログレッシヴ・ミュージック・スタイル」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アナザー感想


第17回アナザーフロイド

三回目のNOZZYさん
今回は「MAESTRO」を紹介してくれました。

1970年代のN.Y
DJの誕生、ムーブメント
それらを「ラリー・レヴァン」を通して当時の回想をするという映画でした。

僕は正直DJというものに熱いものを感じずにいたのですがコレを観て熱くなりました。
そしていつもお世話になっているNOZZYさんのことが
以前よりもっと理解できたような気がします。

もし僕が10代ならDJを始めていた・・・それぐらい格好良かった。
ジャンルは関係なく、物事の初めは勢いがあり魅力に溢れている。
その後色んな問題があったりもするがそれはしょうがない。
ただただ、勢いを感じて呆気に取られている自分がいました。

中でもLOFTの話はそそる話でした。
現在でもあるというのも素晴らしい。
彼らなりの哲学があり、
また違った哲学を僕も持ち、持ち続けていきたいと思いました。

現在DJをしている人も観るといい。
この人達の思いを繋げて行くという意識を持つべきだ。


狭い高知にひとりしかいないのは寂しいものです。


来てくださったみなさん、どうもありがとうございました!

スポンサーサイト

dialy | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<BASS SANPLE | HOME | 終わりました。。。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。