architectural recordings

高知の先端音楽の集い。 音楽、そして音楽から派生する様々なものを 生み出し提示していきます。 「プログレッシヴ・ミュージック・スタイル」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

plug in 終了


でました


いつもより飛ばしました。
収集がつかなくてもいいと決めて臨みました。

お客さんが引きました。
リズムがないからしょうがない。
全部が全部お膳立てはしない。
それぞれが違うイメージを浮かべてくれればいいかな。
違うな・・と引きこもるのは見て見ぬフリ、聴いて聴かぬフリ

可笑しかったのは隣のミスターがイチバン乗っていたこと(笑)
後ろのJikoは溜息をつきながら最高っスを連発していたこと(笑)

FLOYDメンバーや来てくれる人はもう聴き方を知っている。
そんな人達に救われている(笑)

終わってすぐ帰ったので最初の方しか聴けなかったけれど
上手いのよりも下手な方に僕は心が動く

決められたフィールドの中
一部分がちょっと人とは違うのを目指す・・・みたいなことを言われた。
でも
フィールドを除きたいと考えている僕には気にならない言葉だ。

爆発させないと
ひっくり返さないと
言語を入れ替えるように

それがインディペンデントの有るべき姿

自己否定から始まる
そうして次へ

その前に12月7日



何はともあれおつかれさま
色々発見があって楽しかったです。

スポンサーサイト

event info | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2007LAST 「FLOYD」 | HOME | plug in>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。