architectural recordings

高知の先端音楽の集い。 音楽、そして音楽から派生する様々なものを 生み出し提示していきます。 「プログレッシヴ・ミュージック・スタイル」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

鍛錬


とにかくギターを触っている毎日

詞を書いてみてギター

やはり揺れ幅が大きいと深いところから浮かんでくる

二次元のような世の中

僕は反抗をする


何が来ても消化できる

怯むのはいつものことで少しの時間


演劇祭と映画祭

どっちもやれるよ

評価は別物だけど

誰かは聴いていてくれる


自惚れと同じぐらいの臆病さを

言いたいことはそれに尽きる



スポンサーサイト

dialy | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<もらうことはない | HOME | Another Floyd vol.22>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。