architectural recordings

高知の先端音楽の集い。 音楽、そして音楽から派生する様々なものを 生み出し提示していきます。 「プログレッシヴ・ミュージック・スタイル」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

順序


アナザーフロイドどうもありがとうございました。

やっとリピーターさん
少しの可笑しさもあり(そんなん言われんね)
時間があればまたどうぞ。

毎回の紹介アーティストはどれも思い入れがあり
今回のニール・ヤングに至っては
20代、音楽で行き詰った時期に扉を開いてくれた人。
その時を思い出し、変にさみしーくなってしまった。
「さみしーですねー」
曲が終わるとそんなコメントしか言えない・・・あぁダメだー(苦笑)


さて次はJIKOに任せる

そして5月30日のライブイベンツに


何にも思い浮かばずさてどうしたものか
僕の想像、創造力は止まったのか
そんな不安
いつか井戸が涸れるのではないか

いやいやお休みしてただけ

一生懸命
一所懸命

嫌いだったのに

やっていると何かが芽を出すのに気がつく

何だよひと月も前に出てきやがった

充分花が咲くぜー


スポンサーサイト

dialy | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<なんででしょう | HOME | Another Floyd -音楽で話そう- vol.23>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。