architectural recordings

高知の先端音楽の集い。 音楽、そして音楽から派生する様々なものを 生み出し提示していきます。 「プログレッシヴ・ミュージック・スタイル」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

なんででしょう


高知の演劇祭で音

高知の映画祭で音

5月30日と7月11日

まだまだ先のようなもうすぐのよな


どちらの準備も牛歩のごとく歩んでいます

音を表現するために勿論練習はします

でも

毎日を頑張って疲れ果てて寝る あぁ音楽できなかったー  というのも大事であります。

そうすると当日バクハツできる気がします。


太陽の塔って凄くない?

僕は大阪生活の頃見に行って圧倒されました。

というか、実は何にも感じなかった

圧倒されたのは大阪を離れてから思い出して


草間なんとかサンの個展を見に行ったときもそんな感じで。

見た後10年以上経った最近までギャラリーの椅子に本人が座っていた・・・と思っていた。

いやいや 居なかったのだ

錯覚だった


まとまりませんが


音楽をそんなように表現したい

悲しみを飲み込んでバクハツ

決してぶつけるのではない

昇華させたいねー

現在の精一杯で


スポンサーサイト

dialy | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<詳細の手前 | HOME | 順序>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。