architectural recordings

高知の先端音楽の集い。 音楽、そして音楽から派生する様々なものを 生み出し提示していきます。 「プログレッシヴ・ミュージック・スタイル」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

CLUB JIKO 終了

CLUB JIKO コルトレーンNIGHT

来て下さったみなさん、どうもありがとうございました。

ギャラリーカフェ ODD-EYE
店主である齊藤君
今回の試みに応えてくれて嬉しいです、ありがとう!

30分間のOVERMARS
僕の中のリズムはJAZZなのかもしれません。
ここ最近にない入り方をしました。
面白いのはまだ誰も来てなくて3人だけが目撃者だったこと。
そのレア感がらしいなーと笑った次第(笑)



さてこのイベント
この街に足りないもの・・・あったら面白いぞ・・・というものをやっています。
というのも
音楽というものに魅力がなくなってきていると思うから。
特にこの街では・・・
音楽とそれを取り囲む環境が劣悪といってもいいほど。

いつも言われます。
なんでそこでやるの?
architectural recordingsが都会にあったならもっと注目される・・・と。
それにはどこでやっても関係ないと言い返しますが
やはり何かをする度になーんか情けない。
それでも毎回足を運んでくれる方々がいてそれには救われます。

話しはかわり
前日InoB orderというのに行ってきました。
感想はまたいつか書くとしまして

この街の音楽以外にはオリジナルがあり期待する。
上から目線で申し訳ないがそう思う。




スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

dialy | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Another Floyd -音楽で話そう- vol.25 | HOME | CLUB JIKO>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。